知り合いの方や取引先で新規にお店を開いた時には、何をお祝いとして贈ったらいいか迷うことがあります。親しい方であればほしい品物を尋ねることができたり、趣味や好みがある程度分かるでしょうが、長年の個人的なお付き合いがない場合は、先方に喜ばれる物を選ぶのに骨が折れることもあります。迷う場合には、開店祝いに花を贈るといいでしょう。飾ると新規オープンに相応しく、店内の雰囲気が華やかになりますし、店舗の業種や立地、客層によって、サイズや種類を絞る必要はありますが、相手側でも困ることはありません。早めに専門店に手配をして、オープンの前日までは届くようにしておくといいでしょう。最寄りに対応できる店舗がない場合は、インターネットでも依頼出来ますし、選び方の相談にも応じてもらえます。

どのような種類の物を贈ったらいいか

花を開店祝いにする場合、店舗によって選び方に気をつけるようにしましょう。独立した路面店に贈る場合には、店舗の前にスペースがあることが多いので、スタンド形式になっているのを贈るといいでしょう。非常に大きく、開店をした目印にもなり、初めての客層を掴みやすい傾向があります。ビルなどのテナントの場合は、スタンドを置くスペースがないので、かご盛りのアレンジメントやブーケのような小ぶりのサイズが適しています。レジ周りや棚などにも飾りやすいです。美容院やエステなどの女性の従業員や顧客が多い店舗の場合は、ピンクを主体にした華やかで可愛らしい色使いが好まれることがあります。事務所や病院などの場合は、強い香りや枯れて散らばりやすい物は避けた方がいいです。密閉された空間の場合に気分が悪くなったり、アレルギーを起こしたりすることがありますし、手入れも大変でしょう。できれば、そのような手間のかからない胡蝶蘭などの鉢植えや、容器の中に枯れにくく加工したプリザーブドフラワーのアレンジメントを選ぶのがおすすめです。

開店祝いに送る際に注意をしたいこと

開店祝いに花を選んだ場合、いくつかのマナーがあります。まず、当日中は忙しいので、開店日の前日までに届くようにします。間に合わなかった場合は、1週間以内にアレンジメントなどを持参するといいでしょう。贈り主が判明しやすいように名札を付けておくのが一般的です。スタンドなら木札を立てて、御祝と朱色で記入した後に、所属と役職と氏名を書きます。アレンジメントや鉢植えは小さいため、同様に記したメッセージカードを添えます。遅れた場合は、祈御発展と朱筆を入れ、同様に記名してください。花を選ぶ際に、相手の企業のテーマカラーを選ぶのもいいのですが、赤い色のみで統一することはやめましょう。赤色は火事や赤字を連想するので、開業を祝うのに相応しくありません。他の色の物も混ぜるようにしてください。御祝という賀詞に朱筆を用いるのも、赤い字を避けるためです。メッセージカードに記入する場合にも、赤いインクを使わないように気をつけましょう。