友人や知人、会社の取引先などに開店祝いを贈ろうと考えた時、花を選ぶことも多いでしょう。その場合、マナーを守って失礼のないようにしなければなりません。特に会社の取引先関係に贈る場合は、マナーを守らないと失礼になってしまうので、気を付ける必要があります。よく使われる種類には胡蝶蘭があります。見た目が華やかで長持ちすることと、手入れがあまり面倒でないというのが人気の秘密です。特に会社関係の場合は手入れが面倒なものや難しいものは敬遠される傾向にありますので、手入れをしなくても長持ちするというのは選ぶ時に重視したいポイントといえます。胡蝶蘭の価格は安いものなら1万円程度からありますし高いものだと3万円くらいのものもあります。会社関係なら3万円くらいのものを選べば間違いはありません。

開店祝いを贈るタイミングも重視したい

開店祝いで花を贈る際には、タイミングを間違うと失礼に当たりますので、しっかりと押さえておきましょう。お店を新しくオープンするということは大変喜ばしいことで、店主となる方は開店の日を迎えるためにさまざまな作業を行い忙しくされていることでしょう。新店舗オープンのお知らせが来たら、まずは書面でお祝いを書き送ります。さらにお祝いの品物をお送りする時は、開店日の前日に届くようにするのがマナーです。当日は忙しいため、お送りしても落ち着いて受け取れない場合があります。ただし、自分で持参する場合は当日でも大丈夫です。いずれにしても、送る先様の迷惑にならないように、タイミングを見計らうことが大切です。お正月の場合は、花屋さんが休みになってしまうことが多いので、予約を早めに入れておくことも忘れないようにしましょう。

贈る時に知っておきたい基本マナー

開店祝いに花を贈る際には、誰から贈られたものなのかをはっきりさせるために立札が必要です。ここには表書きとして「祝御開店」と記して自分の名前を書きます。会社関係で贈る場合は会社の名前を書きます。送り先の名前は書かないのが一般的です。表書きはお店に贈る場合は「祝御開店」ですが、病院の場合は「祝御開院」、会社の場合は「祝御開業」と業種によって使い分けをすることもポイントです。開店する場合でない時は「御祝」とだけ書いても構いません。贈る時は品物だけを贈るのではなく、メッセージを添えて贈りましょう。会社関係の場合は会社を代表して会社の顔として贈る訳ですから、正式な手紙の書き方を踏襲したものにする必要があります。お祝いにふさわしくない忌み言葉を使わないようにするのはもちろんのこと、相手をねぎらい思いやる気持ちを込めて書きましょう。