開店祝いとして贈られる花には人気が存在します。もちろん、贈られる側としては、どのようなものであっても、お祝いをしてくれる気持ちだけで十分うれしいですが、それ自体がオープンしたお店を華やかに演出してくれるため、出来れば雰囲気を高めるものが喜ばれます。一方、多く贈られることはそれだけ多くの人に祝福されている証拠なので、たくさん贈ってくれた方がお店の店主としてはとてもうれしいです。そんな中でも、店主に喜ばれる、開店祝いの花が存在します。華やかさを演出してくれるものはもちろんのこと、とても縁起が良いもの、半永久的に飾っておくことができるものなど、多くあります。人気のものはどのようなものなのか、これから贈る人にとっては欠かすことの出来ない情報です。

胡蝶蘭が一番人気である理由とは

開店祝いのお花として、最も人気が高いのは胡蝶蘭です。胡蝶蘭には幸福が飛んでくるという意味合いが込められており、商売的に縁起がいいのも特徴です。また、胡蝶蘭にはバリエーションが多く、真っ白な胡蝶蘭からピンク、外側は白で中心がピンク、黄色まであり、華やかさを演出することも出来ます。胡蝶蘭の数に応じて値段を変えることが出来るのも重宝されるポイントとなっており、相場にマッチした胡蝶蘭の本数で発注をかけられます。また、胡蝶蘭を鉢植えの状態で贈ることで、地域に根付くという意味合いを込めることが出来ます。地域に根ざして頑張ってほしいというエールを胡蝶蘭に込めることが出来ることもあり、多くの人が胡蝶蘭を贈ろうとし、お店の中が胡蝶蘭だらけになることも珍しくありません。

工夫を凝らすことが出来るフラワースタンド

華やかさを演出することが出来るのは胡蝶蘭だけではありません。フラワースタンドもその1つです。フラワースタンドを開店祝いに使用することで、店主に贈りたい花言葉を伝えていくことが出来るようになります。例えば、ガーベラには希望などのポジティブな意味があり、黄色のガーベラには親しみやすいという意味があります。これにいくつかのものを組み合わせることで、非常にポジティブな意味を持つフラワースタンドを贈ることが可能です。フラワースタンドにはバルーンなどをつけることが出来るため、より目立たせることが出来ます。胡蝶蘭を多くの人が贈る中、フラワースタンドを贈ることでかなり目立ち、店の雰囲気をさらに明るくさせられます。予算に合わせて柔軟に変えられるのもフラワースタンドの魅力です。